風俗で一番感染が多いと言われる淋病は、淋菌感染症とも呼ばれ、STDに指定されています。
特に口内から性器への感染は、コンドームを使用しない、オーラルセックスなどの、フェラチオが原因とされている様です。
また、クラミジアとの、同時感染もあり注意が必要です。

男性
・尿道
排尿時の激しい痛み
かゆみ
熱っぽさ
不快感
粘り気のある黄色い膿
頻尿
出血

・性器
精巣上体の腫れ
開口部が赤く腫れる

・その他
発熱
排尿困難

女性
・比較的に自覚症状が分かりにくい

・尿道
排尿時の痛み
頻尿
残尿感
黄緑色や悪臭を伴うおりものの増加

・下腹部
痛み

・咽頭
のどの腫れ
痛み

・その他
発熱

感染経路はあらゆる性行為、性器と咽頭は感染部位が異なる。
よって咽頭のみに発症する可能性あり。
妊婦検診で母子感染を予防できる。
感染体液が目に入ると失明する場合もある。

潜伏期間約2~7日
検査可能日、対象性行為から2~3日
確認方法、男性は、初尿、女性は子宮頸管からの分泌物を検査、または咽頭周辺の粘液を調る。

治癒、1~7日、筋肉注射や静脈注射。
抗生物質投与、約3日分
再検査にて抗体が陰性になっているかを確認し治療終了。
ただし、耐性菌により再治療の可能性あり。