2018年06月

カンジダ属は通常、酵母の形態をとり、感染すると出芽し仮性菌糸を伸ばす人の常在菌と共に、土壌中・食物内にも認められ、Candida albicansがカンジダ症の原因菌の約50%を占める。

カンジダ症は一体どんな病気なのかを少しご説明します。
カンジダ症は大きく分けて2種類に分類されます。
表在性カンジダ症と深在性カンジダ症です。

表在性カンジダ症には皮膚カンジダ症・性器カンジダ症・口腔咽頭カンジダ症・食道カンジダ症が含まれます。

深在性カンジダ症にはカンジダ血症・播種性カンジダ症があります。

2種類ともに原因として挙げられるのは、抗菌薬の長期投与による菌交代現象やHIV感染糖尿病・ステロイド使用・免疫抑制剤使用などによる免疫機能低下などがあります。

カンジダはカビの一種で本来は体表や人の、それに女性の膣粘膜に普通おり、普段は健康体の時は人間には高い免疫機能がある為カンジダ症を発症する事はありませんが、風邪などの体調不良などで免疫機能が低下した時に発症する可能性が高くなるのです。

カンジダ症の特徴的症状
・腔咽頭カンジダ症
→腔粘膜に舌粘膜に白苔を認める

・性器カンジダ
→強い掻痒感
→酒粕やヨーグルト様の帯下・亀頭からの分泌物

男性より女性の方が性器カンジダ症は、構造の違いにより、体外に露出していて通気性が良くあまり菌が増殖する環境にない男性では起こりにくい。

もともと性器に常在しているカンジダ属が宿主の免疫機能低下・抗菌薬の服用・妊娠などによって増殖した場合や性行為で以降した場合で発症する。

カンジダ血症・播種性カンジダ症
広域抗菌薬に反応しない発熱 CRP(+)β―D-グルカン(+)視力低下 霧視が出現。
腹部CTやエコーにて肝・脾に多発性の呼吸領域を認める。
眼内炎をはじめとして、全身の諸臓器に播種性の病変を形成する事もある重症真菌感染症。

抗菌剤使用による菌交代現象
通常、人間には病原性を示さない常在微生物叢が存在する。

この常在細菌叢が通常は宿主に目に見える形での害を与えず、むしろ相利共生の状態にあり、他の病原菌の侵入を防ぐなどの利益を与えている。

しかし、抗菌剤の投与により常在細菌叢のバランスが崩れ、その中の特定の微生物が優位に増殖してしまう現象を言う。

体内にある真菌
もともと体内にある菌から、感染するカンジダ症をご存知でしょうか?

カンジダ属の真菌が原因で起こる病気と言われています。
真菌はカビの一種ですが、口腔内に存在しており、年齢に関わらず保有しています。

乳幼児やお年寄りの方でも、免疫力が低下する事で、口腔カンジダ症やカンジダ性口内炎を発症します。

よって、他のSTDとは特性が少し違うものになります。
性行為で感染した場合の、典型的な症状は男女で異なります。

女性は、外陰部の痒みがあり、おりものがヨーグルト状になるので、気づきやすいと言われています。
逆に、男性は症状が出る事は少ないそうですが、包茎の人は患部が痒くなる事もあります。

発症のきっかけは、風邪や疲労、ストレス等の様々な原因がある為に、時期は特定しにくいそうです。
具体的な症状が出ていない場合でも、パートナーへの感染が確認されています。

風邪、疲労、ストレスなどさまざまな原因が発症のきっかけになるため、時期は特定できません。
症状が出ていない場合でも、パートナーに感染させる可能性があります。

カンジダ菌が存在している上で、痒みやおりものなどの症状が出ていれば、性病抗ウィルス薬通販が有効です。

「カンジダ」のさまざまな感染経路について
女性に多く見られる性感染症が「カンジダ」。
免疫力が低下することで発症し、デリケートゾーンのかゆみが主な症状。
心当たりがないのに気が付けば移された思った人は、性病に対する認識の甘さに原因があります。
多くの人が油断している、オーラルセックスでも感染するリスクがある病気です。

感染する可能性がある行為一覧
クンニリングスやフェラチオに代表されるオーラルセックス、リミングや、「生での本番行為」まで、男女の性行為のあらゆる場面にリスクが潜んでいます。

どちらか一方が菌を保有していれば、知らない間に簡単に移し合ってしまいます。
若い人に性病患者が増えているのも、性行為の多様化にその要因があるとさえ言われています。

避妊ついでに「コンドーム」で予防ができる
直接相手の性器を愛撫する行為をしなければ、移される心配もなくなります。そこで役立つのがコンドーム。

避妊の他にも、カンジダなどの性病の予防にも使える便利なアイテムです。
性行為が始まったらすぐに着用してしまい、安全な男女の関係を保ちましょう。

カンジダ自体は決して重大な病気ではないのですが、ほかの感染症を併発する恐れがある分、なるべく普段から注意しておきたいところです。

さまざまな行為に潜むリスクを察知し、自分の体を守る意識を頭に張りめぐらせておきましょう。

まとめ
カンジダ症の主な原因としては免疫力低下の日和見感染や抗菌薬の投与による菌交代現象によるものが大半で、人に常在している為、完全に発症を防ぐのはほぼほぼ不可能です。

また、カビの一種である為、抗菌薬はなく抗真菌薬による治療が必要になります。
健康状態がでは発症する事はなく、発症時は速やかに病院に行き治療をして下さい。

PR
  • サンコードラッグには、性病治療薬の他にも、避妊薬やED治療薬などの他の医薬品も購入することができます。
    海外医薬品の個人輸入をお考えの方は、一度ご覧になってはいかがでしょうか。

女性特有の病気で外陰炎があり、膣炎と合併して起きる事が多いと言われています。
外陰部に起きる炎症で化膿菌やウィルス、カンジタなどの性感染症が原因で起きる場合があります。

乱暴な性行為などを行う事で傷が出来き、病原体が入り発症する様です。
また不潔にする事で菌が繁殖し炎症を伴う事も考えられます。

ただし、過剰に洗いすぎるのも病状を悪化させたり、必要な善玉菌まで流してしまうので注意が必要です。

なお、細菌が要因ではないケースも報告されていますので、一度確認して起きましょう。

下着、特にTバックなどズレやすく、股に食い込みやすいタイプにより、摩擦が起こり炎症を伴う事もあるみたいです。

同じく、ナプキンなどの生理用品による擦れにも、気を付ける必要があります。

お風呂での洗い残しや石鹸、入浴剤などが流し切れていない場合も懸念される要因となり得ます。
非常にデリケートな部分ですので、異変を感じたらすぐに治療して下さい。

直接的に外陰炎かは分かりませんが、発症が性病からであれば検査キットで調べる事も可能です。
疑いがある場合は、迷わず確認を行いましょう。

風俗で一番感染が多いと言われる淋病は、淋菌感染症とも呼ばれ、STDに指定されています。
特に口内から性器への感染は、コンドームを使用しない、オーラルセックスなどの、フェラチオが原因とされている様です。
また、クラミジアとの、同時感染もあり注意が必要です。

男性
・尿道
排尿時の激しい痛み
かゆみ
熱っぽさ
不快感
粘り気のある黄色い膿
頻尿
出血

・性器
精巣上体の腫れ
開口部が赤く腫れる

・その他
発熱
排尿困難

女性
・比較的に自覚症状が分かりにくい

・尿道
排尿時の痛み
頻尿
残尿感
黄緑色や悪臭を伴うおりものの増加

・下腹部
痛み

・咽頭
のどの腫れ
痛み

・その他
発熱

感染経路はあらゆる性行為、性器と咽頭は感染部位が異なる。
よって咽頭のみに発症する可能性あり。
妊婦検診で母子感染を予防できる。
感染体液が目に入ると失明する場合もある。

潜伏期間約2~7日
検査可能日、対象性行為から2~3日
確認方法、男性は、初尿、女性は子宮頸管からの分泌物を検査、または咽頭周辺の粘液を調る。

治癒、1~7日、筋肉注射や静脈注射。
抗生物質投与、約3日分
再検査にて抗体が陰性になっているかを確認し治療終了。
ただし、耐性菌により再治療の可能性あり。

性器カンジタ症は、特に女性に多いと言われ、もともと人の体内にある菌が、繁殖して発症する事もある様です。
性交渉での感染もありますが、仕事や家庭のストレスや免疫力が低下している事が原因で起こるケースも確認されています。
よって他の性病とは、少し性質が違うものになります。

男性
・包皮
かゆみ
ただれ

・亀頭
小さな水泡
赤くなり白いカスが出る

・その他
尿道炎

女性
・膣内
あふれる量のおりもの
ヨーグルト状のおりもの
性交時の痛み
炎症

・外陰部
かゆみ
痛み

・その他
排尿障害

感染経路はあらゆる性行為、または自己感染で菌が症状を引き起こす。
口内に多くある菌の為咽頭に感染する事もある。
免疫力の低い、幼児や高齢者は注意が必要。

潜伏期間、常時(風邪、疲労、ストレスにより異なる)
検査可能日、症状が現れてから。
確認方法、亀頭周辺の菌を綿棒で採り、女性は外陰部、膣の症状を調べ、菌を検査、または咽頭周辺の粘液を調る。

治癒、1~2週間、イミダゾール系抗真菌剤の膣錠、軟膏を使用。
女性の場合は膣洗浄を施す事もある。
治療後に再発が起こる事も多いので、原因となる生活習慣を見直し改善する。

↑このページのトップヘ